ハピゴト ~あなたのお仕事に、もっとときめきを~

信頼できるコスメと美容・健康情報をお届けしたい  宮地祥子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のオーガニックレストランとお取り寄せグルメの情報サイト「東京なちゅらるグルメ」を運営するOptimal B Inc.代表取締役の宮地祥子さん。会社員時代の体調不良と食生活の改善をきっかけに、2年前に起業。美容や食にこだわったサイトの運営と、育児の経験を通じたコスメの開発を手掛けています。起業家として、母親として、美しくたくましい姿がありました。

幼い頃の経験と育児が虫よけ開発のきっかけに

じっとしていることが苦手な性格で、起きている時は常に動いています。育児でイライラしていると仕事に出た時に切り替えが難しいので、ヨガに行ってリフレッシュする時間を作っています。大変ですがものごとの良い点を見るようにしています。そのためか、仕事では多少のことではイライラしなくなりました。

右目に先天性の斜視があったため、5歳の時に全身麻酔で目の筋肉を引っ張る手術を受けました。それ以外はケガや病気もなく、野山を走り回る子供でしたが、虫に刺されやすかったです。しかし、殺虫効果のある虫よけは体質的に塗ることができませんでした。蚊に刺された跡が残ってしまい、それが原因でいじめられた経験もあり、起業して設立した会社で虫よけを作るきっかけの一つになりました。

子育ての経験も虫よけ開発に生かされています。保育園での散歩のために、子供には虫よけと日焼け止めを両方塗るのが大変でした。虫よけのシールもありますが、服に貼るため洗濯が大変で、経済的負担もあります。コスメには詳しく、虫よけも日焼け止めも水と油と界面活性剤を使っているため一緒にしようと考え、国内のオーガニックの認定工場に掛け合った結果商品開発に至りました。

食の大切さに気付かせてくれたPMS

大学卒業後に大手銀行に就職しましたが、もっと第一線で活躍したいと思い、金融情報サービスの外資系企業に転職。新規営業や国内出張もあり充実していましたが、30歳になったときに身体の異変に気づきました。つわりや二日酔いのような症状が毎日襲い、皮膚がかゆくて頭痛はするし、食欲もなくなって精神的にもネガティブに。そんな状態が何ヶ月も続き、雑誌で知った月経前症候群(PMS)専門の婦人科に通い始めました。ビタミンCの高濃度点滴が効いたものの、効果が3日ほどで無くなるため通院ができず困っていたところ、友人にすすめられたマルチチビタミンとミネラルのサプリメントを飲んだところ快方に向かいました。
この経験から食べ物や栄養素の大切さを知り、サプリメントアドバイザーの資格を取得。以前の食事は野菜と炭水化物中心でビタミンB群が足りなかったので、お肉もお魚などのタンパク質、脂質、食物繊維をバランスよく食べるようにして、サプリメントに頼らなくとも体調は回復しました。

結婚、出産、そして世界を自分で切り開くために起業を決意

その後結婚、35歳で出産しました。健康や美容など様々な本を読み漁り、食事、栄養、オーガニック、薬膳を勉強しているうちに、今あることに感謝し、素敵な方々巡り合う機会があり、大きな影響を受けました。
育児休暇を1年取って職場に復帰しましたが、サラリーマンを続けるよりも起業したいという気持ちが強くなるばかり。これからの人生をどう過ごすかを考え、チャレンジして世界を自分で切り開きたいと思い法人を設立しました。法人化した理由は化粧品を自分の責任で製造するためでしたが、易きに流されない自戒の念もありました。今は育児とのバランスを取りながら、子供を保育園に送った日中や、早朝や深夜に仕事をしています。

信頼できる美容と健康の情報を提供したい

会社設立後、美容、健康についての知識やサプリメントアドバイザー、野菜ソムリエのベジタブルビューティーセルフアドバイザーの資格を活かした記事執筆を始めました。自ら立ち上げた「東京なちゅらるグルメ」では、今美容と健康に注目される飲食店 や「健康美人」な方、無添加のお取り寄せグルメをご紹介しています。
前職での経験は非常に役に立っています。ある時提案書を取材先の飲食店の担当者にお見せしたところ、「今までやってきたことは全て活きるから頑張りなさい」と励まされました。

仕事の幅を広げ、ご縁を頂きながら、会社設立2年目を迎えました。自分でお金を払ってでも行きたいお店をコツコツご紹介する中で、ライターの仕事も頂き、昨年は大手化粧品会社のインフォマーシャル(※放送時間の長いコマーシャル)に出演させて頂きました。会社をただ大きくするより、自分の目の届く範囲で信頼できるサイトを作りたいです。「お金は後からついてくる、信頼の得られるものをつくりなさい」というある成功者の言葉を信じて日々頑張っています。また、プラン・ジャパンに売上の一部を寄付しています。

リフレッシュして育児も前向きに、自分磨きも

美容は健康があってこそです。年に抗うような美容ではなく、自分自身にとって健康な状態が美容につながる、という考え方を大切にしています。無理に若返るのではなく、その時点で最適な状態にすることが望ましい、Optimal Beauty and Healthと いうコンセプトが社名には込められています。

いつも笑顔で子供に接したいけれど、なかなか難しいのが育児。思い切って役割を人に委ねることも大事ではないでしょうか。また、日本のお母さんたちも積極的にリフレッシュしたり、ネイルサロンに行ったりジムに行ったり自分磨きの時間もある方が 育児にも前向きになれます。ベビーシッターは、日本ではママが自分の時間を持つために利用することはまだまだ抵抗 があるように思います。最近は女性の活躍とともにベビーシッターサービスも充実しており、育児とのバランスを取りながら自分の時間を持つために活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事