ハピゴト ~あなたのお仕事に、もっとときめきを~

6月4日イベント 世界女性サミットを振り返って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月4日に開催されたNPO法人GEWEL主催、GSW(世界女性サミット)振り返りイベントのレポートがアップされました。

私は半年にわたりファシリテーターを務め、述べ30名以上の参加者と共に大きな学びを得ました。

わざわざ名古屋からいらした参加者の方がレポートを書いてくださいました。

当日の写真もございますので、ぜひご覧ください。

こちらから

また、今回は運営サポーターとしてもGSWに深く関わることができました。

女性の社会進出が先進国の中で最も低い日本での開催は、日経新聞やテレビなど多くのメディアに取り上げられました。

安倍首相や小池東京都知事などのスピーチ、世界の女性リーダーたちのインスピレーションに富む言葉は参加者に響いたことでしょう。

一方、単なる「お祭り」ではなく、これから自分たちがどのように現状に向き合うのか、という難しい課題が残されています。

このサミットは規模の大きい女性リーダーのイベントであり、長年の先輩たちの努力が報われた瞬間でした。

単に会議を開くだけでは終わらず、今の日本に必要なこと、できることを参加者が問いかけることがまず大事なことだと考えます。

自分の周りの人は、どのような問題意識を持っているのか?

世代によって感じ方がどう違うのか?

特に下の世代に対してはどのようにメンタリングやサポートを行うのか?

立場、性別にかかわらず、各自の持ち場でどう生かすか。

サミットが終わった今だからこそ、周りに発信する必要があるのではないでしょうか。

 

私は女性の自己実現を目指す、という言葉に特に共感しました。

性別にとらわれずに自分を実現できる、懐の大きな社会こそ求められていると信じています。

 

GSW東京大会のレポートは7月以降に公開されます。私もコメントを執筆いたしますので、ぜひご覧ください。

【6/24 GSWユース奨学生ポストイベント】

今回は日本の大学から20人の学生がユース奨学生として出席しました。

私も当日彼女たちのサポートをいたしましたが、意欲が高くリーダーシップを発揮できる方ばかり。

学生とは思えない行動力やビジョンにはただ驚かされました。

日本の女性はリーダーシップを発揮できない、という時代はいずれ過去のものになるはずです。

彼女たちは6月24日にポストイベントを昭和女子大で開催します。

詳細・お申込みはこちらから

 

関連記事