ハピゴト ~あなたのお仕事に、もっとときめきを~

脱三日坊主!英語学習断捨離法3つ ハピゴトスキルアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今年の目標は英語!」心が折れる前にできること

今年の目標を1月に立ててみたけれど、三日坊主。

「わかってるのに、またやっちゃった…」

心がポキっとと折れる前に、「断捨離」を試してみませんか。

「勉強、もうやめた!」を防いで、心が軽くなる「英語学習断捨離法」を3つご紹介します。

英語学習断捨離その1 教材の「断捨離」

意気込んで買った英語の教材を探してみてください。

・新しく教材を買ったが、最初の数ページしか見ていない。

・開封していない教材がある

・書類の下に埋もれている教材、ホコリをかぶった教材がある。

そんな教材は、思い切って捨てましょう。

「もったいない」と思うかもしれません。

しかし、続けようと思えない教材は、あなたには合っていないのです。

どうしても捨てられない教材は、試しに1問でも1ページでも進めてください。

もし進まないのであれば、新しい教材を探しましょう!

英語学習断捨離その2 目標の「断捨離」

新年の目標は何でしたか?

英語学習以外に、趣味を充実させる、婚活など、時間のかかる目標を立てた方は要注意。

「目標太り」になっていたら、次の3ステップを実行してください。

1.全部の目標に優先順位をつける

2.順位付けした上で、3つに目標をしぼる

3.英語学習をする目的を確認する(仕事、海外旅行、自分磨き)

1日は24時間しかありません。

自分が一番達成したい目標にまず力を入れましょう。

英語学習断捨離その3 環境の「断捨離」

ほとんどの英語学習者は、英語に触れる時間が圧倒的に短いです。

環境を「断捨離」すると効果的です。

1.学習時間確保のために、無駄な行動を最低3つ探す(テレビ、ネット、スマホなど)

2.無駄なもの、気が散るものを捨てる。

3.あまり気の進まない誘いを断る

3は大変ですが、角を立てずに時間を確保するスキルは英語学習以外でも役に立ちます。

これを機に英語学習の目標を友人知人に宣言してもよいでしょう。

まとめ

取り上げた項目は、英語学習の足を引っ張る代表的なものです。

3つの断捨離法のうち、当てはまるものを1つでも試してみてください。

「勉強もう嫌だ!」と思うきっかけが減るほど、心が軽くなって、楽に続けられます。

安易な語学テクニック本に頼る前に、「英語学習断捨離」ですっきりしましょう。

 

 

関連記事